北米の最新クラフトビール情報をお届けします。

📖 現地レポート 👓 ビールコラム 🏭 ブルワリー一覧 🍺 ビールスタイル

Beer Styles

トラピスト

トラピストビールとは、トラピスト会修道院のもとで作られるビールの事を言う。(トラピスト会修道院とは11世紀にフ...

続きを読む

ランビック

ランビックは、エールとラガーに並ぶ3つ目の醸造方法「自然発酵」によるビールのスタイルの一つである。ラガーやエー...

続きを読む

ボック

ドイツ発祥の、色の濃いラガービール。モルトをしっかり楽しめる、モルト好きにはたまらないスタイル。甘さやナッツの...

続きを読む

ポーター

イギリス発祥のダークブラウン又はもっと暗い色を持つエールビール。色が濃い理由は麦芽を焙煎しているが故で、焦がし...

続きを読む

ベルジャンホワイト

ベルジャンホワイトはヒューガルデンを代表とするベルギー発祥の小麦ビールのスタイル。英語ではBelgian Wi...

続きを読む

ペールエール

エールの中で最もポピュラーなスタイルの一つで、淡い色のペール麦芽で作られるエール全般を言う。 ペールエールが初...

続きを読む

ブラウンエール

北米で非常にポピュラーな、やや深い味わいのエールビール。イギリスが発祥。焙煎されたモルトをしっかり感じられキャ...

続きを読む

ピルスナー

ピルスナーは色が黄色~淡い黄金で、すっきりのど越しの良い事で知られるラガービールである。世界で最も多く生産され...

続きを読む

ビター

ビターとはイギリス式のペールエールである。ビターとは「苦い」という意味だが、ペールエールが19世紀にイギリスで...

続きを読む

デュンケル

Dunkelとはドイツ語でDark(暗い)という意味。南ドイツ発祥のクラシックなダークラガービールで、通常ミュ...

続きを読む

セッション

セッションビールとは、スタイルや製法(エールやラガー)、アロマや味に関わらず「爽快で飲みやすい、アルコール度数...

続きを読む

セゾン

ベルギーの農家で昔から伝統的に作られていたタイプのビール。冬の農閑期に醸造し、夏や秋の農作業の水分補給として飲...

続きを読む

スタウト

ギネスで知られるダーク・ビール。表面が黒くなるまで焙煎を高めた麦芽または大麦を用いた濃厚なビールで、色はほぼ黒...

続きを読む

サワーエール

サワーエールは北米で流行している酸味の強い(いわゆる「酸っぱい」)タイプのエール全般を言う。ほぼ「酸味が強い」...

続きを読む

ケルシュ

ケルシュ(英語発音では「コルシュ」に近い)はドイツのケルン地方発祥の歴史のあるビールスタイル。明るい黄色をした...

続きを読む

ヴァイツェン

ヴァイツェン(Weizen)はドイツの小麦ビールのスタイルを指す。南ドイツが発祥の地として有名であり、ここから...

続きを読む

アンバーエール

北米、フランス、オーストラリア等でポピュラーになってきたスタイルで、名の通り琥珀色(アンバー:Amber)が特...

続きを読む

アルト

アルト(Alt)とはドイツ語で「古い」という意味で、ラガービールが発明される以前からドイツで作られていた事に由...

続きを読む

IPA

IPA(アイピーエー)はインディア・ペール・エール(India Pale Ale)のこと。北米では最もポピュラ...

続きを読む